貸切バスの荷物量と装備

貸切バスの車種を選ぶ時、簡単な手荷物だけの送迎や視察などの場合と、荷物が多い1泊以上の旅行の場合では違ってきます。

基本的にはミニバスとマイクロバスにはトランクルームがないので、制限人数ギリギリの乗車になっていると大量の荷物を積むのは難しくなります。
その時にはひとまわり大きな貸切バスを選ぶ必要があります。
同じ20名の乗車でも荷物が少ない場合は、トランクルームがある小型バスではなくマイクロバスにすればコストが抑えられます。

貸切バスは会社によって装備が違ってきます。
ミニバスは基本的にはあまり装備がないのですが、会社によってはテレビや冷蔵庫を装備している場合もあります。

20名ぐらいの場合で比較してみると、コストを重視して利用したい方には装備があまりないけれど安いマイクロバスに人気があります。
装備を重視したいという方には、トランクルームやテレビ・冷蔵庫・カラオケなどが装備されている小型バスに人気があります。

スキー・スノーボード大会の為にバスを利用する時は、荷物が大きいので中型バス・大型バスが最適です。
装備は同じ車種でも各バス会社のバスによって違っています。
色々な会社のバスを比較しながら計画を立てて行くと良いでしょう。